江戸川区 平井 屋上防水

query_builder 2021/03/17
ブログ
平井 2



本日は、江戸川区 平井にて施工した屋上防水をご紹介します。


今回の工法はウレタン塗膜防水 通気緩衝工法 というものです。


弊社の中で最も採用される工法であり

基本的にはあらゆる既存の状態の上から重ねて施工が可能で、耐久性に優れた工法です。


今回施工させていただきました物件は、3年ほど前に他社様にて防水工事を施工されておりました。


通常10年以上は不具合なく健全な状態を保てるはずですが、いたるところに膨れや破断が生じていたため今回の工事に至りました。


なぜ3年ほどでこのような状態になってしまったかというと


モルタルの上から通気層を設けずに防水をしてしまっていたからです。


モルタルも息をしています。

暑ければ蒸気を押し上げ、寒ければ湿気を吸着します。


例えるなら・・・


水を沸かしている鍋を放置していると沸騰してお湯が溢れてしまいますよね。

あれは蓋が密着されていないのでお湯の逃げ道があるから外に出てくるのです。


ただ今回の場合は、モルタルの上に密着された状態で防水をしてしまったため

間にある空気の逃げ道がなく上に上にと空気が押し上げられて膨れや破断をおこしました。


なのでモルタルの上から直接防水をするというのは絶対にNGです。


見た目が綺麗になっていても2~3年でダメになってしまうような工法の提案は弊社ではいたしません。


メーカーと連盟保証が出せるお客様の物件にあった最適なプランをご提案させていただきます。


予算がなくてもできることはあります。


お困りの方はぜひ一度ご相談ください。



施工後はこちらです↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

NEW

  • 台風の時だけ雨漏りするのはなぜ? 原因とチェックポイントを紹介

    query_builder 2022/07/11
  • 塗装工事と防水工事は何が違う? それぞれの目的と必要性を解説

    query_builder 2022/06/02
  • RC造(鉄筋コンクリート造)の建物でも雨漏りは発生します! 特に注意すべき箇所を紹介

    query_builder 2022/05/09
  • 普通の塗装とはまったく違う! 鉄部塗装の重要性とポイントを解説

    query_builder 2022/04/01
  • 防水層の代表的な劣化現象を紹介。早めのメンテナンスが最も重要です!

    query_builder 2022/03/01

CATEGORY

ARCHIVE