東京都 港区 ビル屋上 壁面防水

query_builder 2021/04/20
ブログ
あ1


本日ご紹介させていただくのは

東京都 港区 にあるビルの屋上壁面一面の漏水補修工事です。


こちらの建物は築50年以上経過しており

何度か改修工事をされている形跡がありましたが

今回の該当箇所は工事や下地の補修工事やシーリング工事を交換していない状態で、表面の保護塗装のみを施行されている状況でした。


そのため経年劣化によって肉厚がなくなったシーリング材の亀裂や外壁面のひび割れ・欠損などから内部に浸水していました。



新築当時(50年以上前)は費用が安価なこともあり水性のアクリルシールを用いることが多かったのですが、耐久度や耐候性が問題視され近年では使用することが少なくなっております。

(最近では材料の性能も上がってはおりますが…)


水性アクリルシールのため接着性が良く

RC造の建物では使用されることが多いですが、耐候性や耐久性が他のシーリング材に比べて低いことから改修工事では基本的には使用しておりません。


今回既設のシーリング材は全て撤去を行い

再度プライマーを塗布した後にオートンイクシード高耐久型のシーリング材を充填いたしました。


またひび割れについては軽量エポキシモルタルにてひび割れの重点欠損部の充填行い、止水処理と下地の形成を行い、仕上げの塗料にはスズカファインのセラピューレという材料を使用しました。



こちらは通常の外壁塗料に比べ伸縮性が高く、ひび割れを誘発しづらい塗料です。そのため防水機能が働き壁面からの漏水を防ぐことができる特徴があります。

外壁の塗装材料も様々な種類がありますが外壁の状態や施工条件によって変わってくるため、物件に合ったプランニングが大切です。

今回の補修工事によってしっかりと漏水を止めることができ、オーナー様にとても満足していただきました。


次回は屋上だけではなく他の外壁面の塗装も検討していただけるということでしたので、その際はまたブログにあげさせていただきたいと思います。


施工後はこちら↓



NEW

  • 台風の時だけ雨漏りするのはなぜ? 原因とチェックポイントを紹介

    query_builder 2022/07/11
  • 塗装工事と防水工事は何が違う? それぞれの目的と必要性を解説

    query_builder 2022/06/02
  • RC造(鉄筋コンクリート造)の建物でも雨漏りは発生します! 特に注意すべき箇所を紹介

    query_builder 2022/05/09
  • 普通の塗装とはまったく違う! 鉄部塗装の重要性とポイントを解説

    query_builder 2022/04/01
  • 防水層の代表的な劣化現象を紹介。早めのメンテナンスが最も重要です!

    query_builder 2022/03/01

CATEGORY

ARCHIVE